本文へスキップ

ミニごぼう

ミニごぼうの育て方

ミニごぼうの簡単な育て方。ミニごぼう(牛蒡)をプランターや露地で上手に栽培してみましょう。コツを知っていればミニゴボウ栽培は簡単です。ミニゴボウ栽培が初めての方でも分かるようにミニごぼう育て方をレクチャーしています。このサイトを見てミニごぼう栽培にチャレンジしてみましょう!





ミニごぼうをプランターや露地栽培で育てましょう!


ミニごぼう(牛蒡)の育て方ミニごぼう(牛蒡)栽培
難易度★★★☆☆

ミニごぼうは牛蒡と書いてゴボウと読むキク科の野菜で、春植えと秋植えが出来ます。初心者は春蒔きが育てやすくておすすめです。

ミニごぼうは短根品種でプランターでも育てやすく家庭菜園で人気。根が40㎝以下のサラダゴボウや若い葉と根を食べる葉ゴボウなどがプランター栽培に向いています。

ミニごぼうに多く含まれる栄養価は、カリウム・カルシウムなどのミネラル、ポリフェノール、不溶性の食物繊維が豊富に含まれる健康野菜です。

ミニゴボウには食物繊維たっぷり含まれているでダイエットに最適な野菜です。






ミニごぼうの種まき・収穫栽培カレンダー


春植えは3月下旬~6月上旬。収穫は7月上旬~9月下旬
秋植えは9月上旬~9月下旬。収穫は11月下旬~翌年2月下旬

ミニごぼうの栽培カレンダー




ミニごぼうを上手に育てるコツ!


  • ミニごぼうの発芽適温は15~25℃、生育適温は20~25℃
  • ゴボウには連作障害があるので、同じ畑に植える時は4~5年は間隔を空けましょう。
  • ミニごぼうは移植を嫌うので直播きが基本。
  • 種は発芽しにくいので一晩水に浸して種を蒔きましょう。
  • 好光性種子なので覆土は薄くしましょう。
  • 用土はしっかりと耕して土中の酸素濃度を高めにする。
  • 石灰とカリ不足になるとス入りになるので注意。





育てやすいミニごぼうの品種


ミニごぼう種の選び方ミニゴボウをプランターで育てる時は短根種を選ぶようにしましょう。ホームセンターやネットでは、品種改良された育てやすい様々なミニ品種の種が販売されています。

ベランダ菜園で育てやすいミニごぼうの品種は「サラダむすめ」「ダイエット」「百日一尺」などです。

春植え品種と秋植え品種があるので、植える時期にあった品種を選ぶことが上手に育てるポイントです。

楽天市場で人気のミニごぼうの種はこちら(クリック)

amazonで人気のミニごぼうの種はこちら(クリック)





ミニごぼう栽培に適したプランターサイズと土づくり


ニンジン栽培に適したプランターの大きさミニごぼうを育てるときのプランターサイズは、深型サイズ(30㎝以上)を使います。

プランター以外でも深型の植木鉢や土嚢袋や用土の袋、米袋などでも栽培が可能ですが、深さ30㎝以上の袋で栽培しましょう。



ニンジンに適した用土ゴボウの栽培に適した用土は市販の培養土を利用すると便利簡単です。自分で作る時は

赤玉土6:砂1.5:バーミキュライト2.5、それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり10g混ぜ合わせた物を使いましょう。

ミニごぼうを露地栽培で育てる時は、種をまく2週間前に各1㎡あたり苦土石灰を150~200g、堆肥を2kg、化成肥料(15:15:15)100gを散布して良く耕しておきましょう。畝は幅60~70cmの平畝にします。

プランター露地栽培ともに、種植えをする2週間前までには土作りを完了させておきましょう。





ミニごぼう種のまき方


条蒔きミニごぼうは直播が基本で苗の移植は出来ないので、畑に直接種を蒔いて育てます。

ミニごぼうの種は棒などを使って、深さ1㎝の蒔き溝を作り1㎝間隔で蒔きます。大型のプランターの時は条間を20㎝以上確保して植えましょう。

牛蒡の種を露地に蒔く時は露地でミニごぼうを栽培する時は、60~70㎝の畝の中央に株間を10~15㎝取り、蒔き穴を掘って3~4粒ほど種を点蒔きしてもかまいません。



ミニごぼうの種の蒔き方ゴボウの種は発芽初期に立ち枯れ病が発生することがあります。

病気の発生を防ぐことが出来る殺菌済の種を利用すれば、立ち枯れ病の発生を軽減することが出来ます。



ミニごぼうが発芽しない原因は?ミニごぼうは好光性種子なので発芽するのには光が必要です。

用土の被せすぎを防ぐために、篩を使って均一に用土を被せてやると良いでしょう。


ミニごぼうが発芽しない理由水やりで種が流れたり乾燥したりしないように、新聞紙や不織布などを上に被せると良いでしょう。

ただし、発芽した後は早めに取り除くようにします。 発芽後はたっぷりと水を与えましょう。




ミニごぼうの種が発芽しない原因は?


ミニごぼうが発芽しない原因は?ミニごぼうの種が発芽しないことがありますが、その理由はいくつかあります。

発芽しない一番の原因は光。ミニごぼうは好光性種子なので発芽するのにはある程度の光が必要です。

用土を深く被せてしまうと発芽しない原因になるので、覆土は必ず1㎝以下にするのが発芽率を上げるポイント。

水やりの時に種が表面に出ると発芽しない原因になるので、覆土した後は被せた用土を上から軽く手で押さえるようにして種と用土をしっかり密着させておきましょう。

また、ミニごぼうの種は固い殻に包まれているため種の吸水性が悪いので、一晩水に浸けてから蒔くようにすると発芽率が上がります。




ミニごぼうの水やり頻度と回数


ミニごぼうの水やり回数と与える水の量ミニごぼうを種蒔きした後は発芽するまでの間十分に水やりをしましょう。発芽までは種を蒔いてから1~2週間ほどかかります。

高い位置から激しく水やりをすると、水の勢いで種が表面に流れ出てしま原因になるので、水やりは低い位置から行いましょう。ハス口を上向きにして水やりを行うようにします

苗がある程度育ったら用土の表面が乾いたときに水やりを行いましょう。プランターの場合は週に1~2回程度与えるようにします。




 ミニごぼうの間引き方


ミニごぼうの間引き方ミニごぼうの間引きは合計で2回ほど行いましょう。双葉が出た頃に1回目の間引きを行い、それ以降は葉が触れ合うようになったら、株間が7~8㎝になるように順次間引きます。

よく整った生育の良い株を残すのが間引きのポイント。

ミニごぼうを間引きのタイミングミニごぼうを間引く時は引き抜くと隣り合う株の根同士が絡まっていると一緒に抜けてしまうことがあります。手で引き抜く時は株の根元をしっかりと押さえて間引きましょう。

苗が小さくて根元が抑えられない時はハサミなどを使って根元から切り取ると一緒に抜けてしまうのを防ぐことが出来ます。




ミニごぼうの追肥頻度と1回あたりの量


ミニごぼうの追肥のタイミングミニごぼうの追肥は間引きのタイミングで追肥を施します。1回あたりの肥料の量ですが、化成肥料を1株あたり10gほど与えましょう。

1回目は双葉が2枚出て1回目の間引きを行った頃に、株周辺に肥料を撒いて土と混ぜて株もとに寄せます。



ミニごぼうの追肥の回数ミニごぼうの2回目の追肥は、2回目の間引きのタイミング(本葉が2~3枚になった頃)に与えましょう。追肥の量は1回目同様に化成肥料を1株あたり10gほど与えます。

色が青くなるので追肥の度に周辺の土を株もとに寄せておきましょう。

ミニごぼうは与える肥料の量が多いので雑草が良く生えますが、そのままにしておくと苗の成長が阻害されてしまいます。雑草は早めに抜きましょう。




ミニごぼうの収穫時期(タイミング)


ミニごぼうの収穫適期ミニごぼうの収穫時期は種を蒔いてから70~100日で収穫出来ます。

ミニごぼうは直径が1~1.5㎝で収穫するのがベスト。早めに収穫する方が生でも食べられるほど柔らかく香りも良いです。

収穫方法はプランターの場合は葉柄を掴んで引き抜く、露地栽培の場合は、根に沿って穴を掘り穴に倒すようにゆっくりと引き抜きましょう。



ミニごぼうの収穫のタイミングと収穫方法ミニごぼうは収穫のタイミングが遅れると肥大を続けて根にスが入ってしまいます。収穫適期を逃さない様に注意しましょう。

ただし、厳寒期では成長が止まるので、葉や茎が枯れても畑にそのまま放置して保存しておいてもかまいません。





ミニごぼう栽培まとめと病害虫対策


ミニごぼうの病気対策と害虫駆除ミニごぼうは気温には適応性があり気温が30℃を超えても耐えることが出来ます。厳寒期も葉や茎は枯れてしまいますが、根が枯れることはありません。とても強い野菜です。

ミニごぼうを上手に育てるコツは種まきから発芽までの間に用土を乾燥させないこと。こまめに水やりを行いましょう。根が深く育つので用土の排水性と通気性を意欲することが大きくきれいに育てるポイント。

ミニごぼうにはアブラムシがよく発生します。ゴボウヒゲナガアブラムシは葉の裏側に寄生してウイルス病を発症させる害虫です。雨の少ない年や土壌中の窒素分が多いとよく発生します。

その他にも根コブセンチュウが発生することがあります。根コブセンチュウは連作を避けて落花性やトウモロコシを輪作すると被害を防げます。

発芽した後に寒冷紗掛けや防虫ネットを張っておくと害虫の飛来を大幅に防ぐことが出来ます。

ミニごぼうが掛かる病気は、うどんこ病・黒斑病です。うどんこ病は土壌の乾燥が続いた時や窒素分が多いとよく発生します。黒斑病は連作と密植に加えて肥料が不足すると発生しやすくなります。

病気の発生を防ぐには肥料は適量だけ与える、密植を避けて茂りすぎた葉は早めに摘み取ること大事です。
     








根野菜類の育て方一覧へ戻る

簡単!野菜の育て方 Kitchen Garden Textbook!







            はてなブックマークに追加