本文へスキップ

モザイク病

モザイク病の治療と対策

野菜がモザイク病になったら?モザイク病はウリ科をはじめあらゆる野菜に発生しやすい病気です。モザイク病の発生原因や症状治療方法などを画像を交えて分かりやすくレクチャーします。




モザイク病ってどんな病気?

モザイク病の症状モザイク病はどの野菜にも共通して発生するアブラムシなどの吸汁害虫によって引き起こされる「ウイルス」が原因の病気です。

感染すると、野菜の葉・茎・花部分に黄淡色の濃淡が現れて、病気が進行すると、株全体にモザイク状が広がります。

実はモザイク病はウイルス病のため感染すると治療法がない野菜の不治の病と言われる難病です。ウイルス病の治療薬はなく、感染を予防するしか手立てはありません。





モザイク病の防除法(予防対策)は?

  • シルバー色のマルチシートを設置してアブラムシを退避させる。
  • ビニールや寒冷紗のトンネル掛けでアブラムシの飛来を防ぐ
  • ハサミ等を使用の度に消毒する
  • 防風ネットを設置し風による菌の飛来を防ぐ
  • モザイク病に強い抵抗性の接ぎ木苗を利用する。



モザイク病の蔓延を防ぐコツ

残念ですがモザイク病は感染したら治療は困難です。ウイルス性の病気は他の株にも伝染するため、発症したら治療薬がなく抜き取るしかありません。

感染源となるアブラムシは完全に駆除しましょう。ただしアブラムシの活動が活発になる春以降は手作業での除去では間に合いません。アブラムシを寄せ付けないためには寒冷紗や防虫ネットなどで覆い、アブラムシから守ってやりましょう。

アブラムシを退治する薬剤は「ヒメテントウ」や「ヒメハナカメムシ」などのアブラムシを餌とする益虫を殺さない成分のものを利用しましょう。


数が増えすぎた時はアブラムシ駆除剤の利用も検討しましょう。生育初期や収穫前の薬剤使用であれば、決められた量と決められた回数を守って使用すれば人体への影響は殆どありません。






おすすめのモザイク病治療薬は?

モザイク病の治療薬

ガーデントップ

有効成分は除虫菊から抽出した天然成分(ピレトリン)。収穫前の野菜にも利用できる薬剤です。

分解能力が高いので、有機農産物栽培にも使用できます。ただし、残存期間が短いため、アブラムシが発生する度に散布する必要があります。

天敵にも殺虫効果があるのでテントウムシなどの益虫も一緒に死んでしまうので注意しましょう。

楽天の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)




モザイク病を治す薬剤

あめんこ

モザイク病の予防はアブラムシだけでなく吸汁害虫を駆除することが大切です。

この薬剤はアブラムシ以外の小害虫にも効果がある薬剤。更にアブラムシを捕食する益虫への影響が少ないのでおすすめです。

収穫直前の果実への薬害が出ることが稀にありますので、イチゴなどの表皮の薄い野菜の使用時には注意が必要です。

楽天の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)

ナビゲーション


   





野菜の病気対策


簡単!出来る!野菜作り Kitchen Garden Textbook!


 はてなブックマークに追加 Tweet