本文へスキップ

うどん粉病

うどん粉病の治療と対策

野菜がうどんこ病になったら?うどんこ病はウリ科をはじめあらゆる野菜に発生しやすい病気です。うどんこ病の発生原因や症状治療方法などを画像を交えて分かりやすくレクチャーします。




うどんこ病ってどんな病気?

うどんこ病はウリ科の野菜をはじめ、多くの野菜に発生する「菌糸状のカビ」が原因のやっかいな病気です。

うどんこ病の代表的な症状ですが、初期症状は、野菜の葉にうどん粉(小麦粉)をまぶしたような白色の病斑がポツポツと現れます。症状が進行するとには葉全体に拡がっていきます。

その後は茎にも蔓延し、果実やヘタの部分にも症状が拡がって苗の生育が悪くなって最後は株全体が枯れてしまいます。






うどんこ病の防除法(予防対策)は?

  • 窒素肥料を控えめにすることで予防できます。
  • 葉が茂り過ぎないように摘葉をしっかりと。
  • 発病したら葉や果実を早めに摘み取りましょう。
  • 抵抗性のある接ぎ木苗を利用が予防になります。
  • 灌水時の泥の跳ね返りを防ぎましょう。




うどんこ病の蔓延を防ぐコツ

初期の頃は発祥する葉数が少ないのでうどん粉病にかかった葉を摘み取ることで対策は出来ますが、株全体に広がり始めたら、株ごと除去するしか手立てはありません。

植えた株数が少ない時は、株ごと抜き取るわけにはいきません。被害が広がる前に治療薬を利用して蔓延を防ぐことが大切です。

生育初期や収穫前なら決められた量と決められた回数を守って治療薬を使用すれば人体への影響も少なく済みます。







おすすめのうどんこ病治療薬は?

カリグリーン
食品や医薬品にも使用されている主成分は炭酸水素カリウムの治療薬。人体に対して安全性の高いので収穫前日まで利用が可能です。

発生初期は高い効果を発揮しますが、病気の後半になると効果が出にくいので早めに散布しましょう。

楽天市場の取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップ一覧はこちら(クリック)




ダコニール

うどんこ病をはじめカビが原因で発生する様々な病気に効果がある万能薬的な治療薬です。

うどんこ病以外の病気にも使用出来るので、とても経済的。散布後の野菜の汚れが少ないのもおすすめできる理由。

耐雨性と耐光性がある残効性タイプなので、完治までの使用回数が少なくて済みます。薬剤の残留性も低め。

ボトルは小さいのですが希釈して使うタイプです。


楽天の取り扱いショップはこちら(クリック)

amazonの取り扱いショップはこちら(クリック)

ナビゲーション


   





野菜の病気対策

簡単!出来る!野菜作り Kitchen Garden Textbook!



 はてなブックマークに追加 Tweet