本文へスキップ
ギャラリー

トマト栽培

トマトの栽培方法と育て方のコツ

  はてなブックマークに追加

トマトをプランターや露地で育てませんか?ちょっとしたコツさえ知っていればトマト栽培は難しくありません。トマトの栽培が初めての方でも分かりやく育て方をレクチャーします。このサイトを見てトマト栽培にチャレンジしてみましょう!

トマトをプランターや露地栽培で上手に育てましょう!

トマトの栽培方法と育て方のコツトマト栽培
難易度 ★★☆☆☆ 

トマトにはビタミンCやカロテンなどを豊富に含む人気の夏野菜です。

トマトは、種から育てる方法と苗から育てる方法がありますが、種から育てるのは温床の準備や育苗労力が大変なので接ぎ木苗から育てるのがオススメです。

トマトは中南米の山岳地帯が山地なので、日光がよく当たる乾いた気候が最も適しています。水やりは少しだけにして、風通しの良い日照時間の多い条件で育てましょう。




トマト栽培データ

科目

ナス科

連作障害

あり(4~5年)

土壌酸度

pH6.0~6.5

栽培スペース

畝幅0.6m×0.6m

発芽適温

25~30℃

生育適温

25~28℃

種まき時期

2月下旬~4月中旬

発芽日数

種まきから4日~10日

苗植え付け時期

4月下旬~6月中旬

収穫時期

種まきから約3か月


トマトの栽培カレンダー

トマトの種まき時期は2月~4月
苗の植付時期は4月6月
収穫時期は種まきから約3か月


トマト栽培カレンダー


トマト栽培のコツとポイント


  • 昼間25℃前後で夜間が16~17℃の時がトマトの適温です。
  • トマトはかん水の影響を大きく受けるので水のやり方がポイント。
  • 生育には強い光が必要ですが、夏場に30℃を超えると着果が劣ります。
  • 光が弱い環境では生理障害(異常茎、落果、空洞果など)が発生しやすい。
  • 連作障害があり4・5年は同じ場所では育てられません。連作する場合は接ぎ木苗を植えるようにしましょう。
  • ナス科野菜(ナス、ピーマンなど)との連作障害があるのでその時は接ぎ木苗から育てるといいでしょう。


トマトおすすめの品種

トマトおすすめの品種育てやすいトマトの品種には、中玉種の「フルティカ」「レッドオーレ」、普通品種には「桃太郎」「サンロード」「瑞栄」があります。

トマトは種から育てるのは温度や水分量など管理が難しいので、慣れないうちは苗から育てましょう。

トマトには連作障害があり病気に弱いので接ぎ木苗を選ぶのが上手に育てるポイントです。

楽天市場で人気のトマトの苗はこちら(クリック)

amazonで人気の苗はこちら(クリック)


トマトの良い苗の選び方

トマトの苗の選び方トマトを種からの育てる時は温床の準備や育苗労力が必要ですが、苗からだと初心者でも簡単に育てられます。

トマトは連作を避けて、青枯病などの病気が多い畑では接ぎ木苗を利用するのが上手に育てられるコツ。

苗は節の間隔が短くて太い緑色の濃いものが良苗です。厚みがあって葉のつやが良いものを選ぶようにしましょう。


トマトを苗から育てる葉が縮れているものや葉が黄色い苗は避けて下さい。一番花房が咲きかけくらいの苗が植え付け適期です。

種から植える場合は1条植えの場合は1m、2条植えの場合は1.8m幅の畝を立て、水分と地温を確保するため黒マルチなどを張ると良いでしょう。


楽天市場で人気のトマトのはこちら(クリック)
amazonで人気のトマトはこちら(クリック)



トマトのプランター栽培

トマトのプランター栽培トマトを栽培するときのプランターサイズですが、標準タイプ(60㎝程度)以上のものを利用して育てましょう。

想像以上にトマトは大きく高く育つ野菜なので、プランターが小さいと風を受けて転倒することがあります。


トマトの土作りトマトのプランター栽培で使う用土配合は
赤玉土6.5に対して腐葉土が2.5、それにバーミキュライト1を配合します。それに石灰(用土10ℓに対して10g)混ぜます。

植え付けの1週間前に元肥(化学肥料を用土10ℓに対して10~30g)を入れておくようにしましょう。

露地栽培では植え付けの2週間前に苦土石灰を100g/㎡をまぜてよく耕しておきます。植え付けの1週間前になったら、堆肥2㎏と化成肥料100g/㎡を全面にまいてよく耕し、10~15cmの平畝を作りましょう。

トマトは土づくりがポイントです。


トマト栽培の畝作りプランターで育てる場合は、排水性の高い用土で育てるのが上手く育てられるポイントです。

プランターで育てる時は、用土を鉢の8部目くらいまでにしておきましょう。

鉢の淵いっぱいまで用土を入れてしまうと、水やりのときに周辺を土で汚したり、まし土(用土を足す)ができなくなったりします。


プランター栽培の用土の入れ方

プランター栽培のポイントプランター栽培で一番大切な作業は土入れです。一度に全ての土を入れずに空気と水がうまく通るように多層構造を目指しましょう。

プランター全体に水分と空気が行き渡り、野菜が元気に育つ環境を作れるかがポイントです。



作業手順


1.プランターの底に鉢底石(赤玉土大粒)を2~3cmほど敷き詰めます。

2.栽培用土を5cmほど敷き詰め、5本の指を立てて土に穴をあけるように隅々まで土を詰めます。手のひらで押さえつけないように。

3.堆肥と有機肥料、または化成肥料を入れ5cmほど栽培養土を2の手順と同じようにして入れます。

4.プランターの半分まで栽培用土を入れたら、水をたっぷりとかけます。

6.2と3の手順を2回ほど繰り返してプランターの7分目まで栽培用土を入れます。

7.最後に水をたっぷりとかけてプランターの底から水がスムーズに流れ出るかを確認してみましょう。



トマトの苗の植え付けを行う

トマトの苗の植え付けトマトの植え付け適期は、15cmポット育苗の場合は第1花房が開花し始めたころになります。

植え付けの時期が早すぎると初期の生育が旺盛になってしまうため、異常茎が発生しやすくなるので注意して下さい。

苗は根鉢の肩が少し出るよう浅めに植えるのがコツです。

苗を植え付ける間隔は40cm以上離して、苗を植える場所を周辺より高く盛土しておくようにします。盛り土する事で排水性が良くなります。

プランターで育てる場合は盛り土が出来ないため、鉢底石などを入れて水はけをよくしておきましょう。トマトは排水性が悪い土壌だと病気にかかりやすくなります。


トマト植え付け畑で2条植え(2列に植える)する時やプランター栽培で株間(植える間隔)が狭い場合は、第1花房を互いの株に対して背中合わせになるように植えましょう。

トマトは同じ方向に実がなるため、実が内側向き同士になると、日当たりと風通しが悪くなってしまいますし、収穫がやりづらくなってしまいます。

苗の方向に注意して植え付けましょう。



トマトの支柱の立て方

トマトの支柱立てトマトの支柱は地上部分が1mになるよう1.5~1.8mほどの支柱を使いましょう。

株に実がたくさんなると重さで倒れれることがあるので、太めの支柱でしっかりと土中に埋め込んでおくことがポイントです。

苗を植えてから2~3週間すると株が大きくなってきます。株の成長度合いに合わせて、支柱に主茎(中心の太い茎)を紐で結んでやりましょう。

トマト支柱の立て方支柱にひもで縛るときは、8の字にゆるく結んでやるのがポイントです。

きつく縛りすぎると、草丈が伸びるときに折れ曲がって伸びてたり、風で煽られたときに茎が折れたりします。

支柱はつぼみの反対側に支柱を立てましょう。

トマトは本葉が7~8枚になると最初のつぼみが出来ますが、その後は3節(葉っぱ3枚)ごとにつぼみが出来るので、支柱をつぼみの反対側に立ててやるのです。


トマトのわき芽取り(わき芽摘み)

トマトのわき芽取りわき芽が出てきたら必ず摘み取るようにしましょう。

わき芽の摘み取りは晴天の午前中に行って、病気にかかっている株は他に感染しないよう最後に摘み取りを行うようにします。

トマトは無駄な茎や葉が多すぎると、葉の方に水分や養分が行ってしまうため、果実のつきが悪くなったり実が小さくなったりと収穫量が落ちてしまいます。

わき芽を放っておいて茎葉を大きくしてしまうと、果実に太陽の光が当たらなくなって、トマトの食味や甘みが落ちてしまいます。


トマトの実が小さい葉が茂り過ぎることで風通しも悪くなってしまいます。風通しが悪いと過湿状態になりやすく、トマトが病気にかかりやすくなります。

病気対策としてもわき芽は必ず摘むようにして下さい。トマトは果実に太陽の光をたくさん当てやることが多収穫の最大のポイントです。

参考:トマトの芽かき中に傷を付けた時は?


トマトの水やり 

トマトの水やりトマトは南アメリカの乾燥地帯原産の野菜なので、水やりは控えめにして育てます。

定植から1週間くらいしたら第3花房の開花までは極力控え、葉が丸まってしまうくらいまで水やりを抑えましょう。

水をやり過ぎて樹勢が旺盛になると異常茎、芯止まりになってしまいます。収穫が始まったら果実の状態を見ながら水やりの量を調整しましょう。

トマトの追肥のタイミングと与える量

トマト追肥第1果房が膨らみ始めたころに1回目の追肥をおこない、その後は3週間に1度のタイミングで追肥を繰り返します。

プランター栽培で液肥を与える場合は、1週間に1回の間隔で水やりを兼ねて追肥しましょう。

1番果が肥大してきたら、60cmプランターで約15~20g(一握り)ほどの量を株の周りにまき、土と軽く混ぜ合わせ株元に寄せてやります。

トマトは早いうちから追肥を始めてしまうと、花が落ちやすくなって着果しないことがあります。


トマトの追肥時期2回目以降も1回目と同量の追肥を施しますが、この頃は根が広く張り出しているので、株から少し離れた土の表面にまくようにしましょう。

トマトは水やり量で肥料の効き具合を調整するようにします。降雨が多い梅雨時期は樹勢が旺盛になりやすいので、追肥量を控えめにすることが大切です。



トマトの収穫適期

トマトの追肥時期トマトは花が咲いてから約40~60日経った頃が収穫の適期です。(ミニトマトは3週間ほど)

へたの近くまで赤く色付いたものが最適期の果実です。トマトは株の下の実から熟していきます。赤く色付いたものから、順番に摘み取りましょう。

大型のトマトは果実を1粒ずつヘタの上をハサミで切り、ミニトマトなら手でもぎ取って収穫します。

トマトは午前中のの涼しい時間帯に収穫しましょう。


 トマトの実がならない時は?

トマトの実がならないトマトの実が付かない時は市販のトマトトーンなどのホルモン剤を利用すれば上手に実を付けさせることが出来ます。

ホルモン剤を利用しない時は確実に受粉させる為に人工授粉を行うようにします。受粉方法は棒などで支柱を軽くたたいて花粉を飛散させて受粉させましょう。

人工授粉は花が咲いた日の午前中に行うのがコツです。

一番花は確実に着果させましょう。結実させることで栄養と水分が実の方に回って茎と葉の成長が抑えられ、後の果実が付きやすくなります。



トマトを育て方まとめ

トマト育て方まとめトマトを上手育てるコツは水はけをよくして土は乾燥気味にして育てる事です。トマトは、水を多く与えると果実に含まれる水分が多くなって甘みが弱まってしまいます。


乾燥気味で育てた方が果実の糖分が多くなって味が濃くなるのです。

乾燥状態が続いたあとに一気に水をやりすぎるとトマトが急激に水を吸収してしまいます。そうなると果実が一気にふくらんでしまうため皮が破けてしまいます。乾燥気味に作る時は水やりの時の水量は少なめにしましょう。


トマト病気対策

トマトに多い病気には立枯病やうどんこ病、褐斑病です。
これらの病気の原因は連作です。ミニトマトを育てる時は連作を避けるか接ぎ木苗を利用する、過湿を避け勢を低下させないよう水やりと追肥を適宜行うのがポイントです。


トマト害虫対策

トマトを栽培する時に発生しやすい害虫は、アブラムシ類・ハモグリバエ類が多く発生します。アブラムシ類、ハモグリバエ類はそれぞれ薬剤で防除出来ます。

薬剤を使いたくない時は、シルバーポリフィルム(銀白色のマルチ資材)を利用すれば成虫の飛来防止になります。害虫は周辺の雑草が発生源となっていることもあるので、周辺の除草もしっかりと行うことも忘れずに行いましょう。



  はてなブックマークに追加


実野菜の育て方一覧へ戻る