本文へスキップ

シソ

紫蘇(シソ)の育て方

シソの簡単な育て方。プランターや露地栽培でシソを栽培してみませんか?ちょっとしたコツさえ知っていればシソの栽培は難しくありません。栽培が初めてでも分かりやくシソの育て方を画像付きでレクチャーします。このサイトを見てシソ栽培にチャレンジしましょう!





シソをプランターや露地栽培で育てましょう!


シソ(紫蘇)の育て方

シソ栽培
難易度★★☆☆☆

シソ(紫蘇)は中国南東部やヒマラヤ原産のシソ科の葉野菜で、日本へは古くから伝わって利用されています。シソは春に種を蒔いてから秋頃まで収穫を楽しめ、葉だけでなく花や実も食用にできるので便利。

青ジソは食用に使うことが多く、赤シソは梅干しや生姜の色付けなどに使うことが多いので、目的に応じて育てる品種を選ぶと良いでしょう。

シソには、「青ジソ」「赤シソ」「青チリメンシソ」「赤チリメンシソ」「カタメンシソ(ウラアカ)」といった香りや色が違う様々な品種がありますが、シソの育て方は基本的にどれも同じです。

シソは丈夫でとても育てやすい野菜で、株を抜かずにそのまま残しておくと「こぼれ種」が落ちて、翌年以降も同じ場所で自生するほどの強さがあります。土質も選びません。


紫蘇の栄養と料理のレシピシソに含まれる栄養素は、β-カロチン(ビタミンA)、ビタミンB・C・E、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。β-カロチンは野菜の中でもトップクラス。

シソの茎葉や種には独特の香りがあり、刺身のつまや天婦羅・肉巻きやサラダなど幅広い料理に使える便利な野菜。シソの香り成分「ペリルアルデヒド」は防腐効果があり、生ものに添える使われ方が多いのはこのためです。

半日日陰でもよく育つほど強靭な生育力があるシソは、菜園初心者向けの栽培が簡単な野菜です。









シソの種まき・植え付け・収穫時期カレンダー


シソの種蒔きは4月上旬~6月上旬
苗の植え付けは5月上旬~7月上旬
収穫は6月上旬~10月下旬頃まで。

シソの栽培カレンダー




シソを上手に育てるコツ!


  • シソの発芽適温は22℃、生育適温は20~25℃
  • シソは乾燥と低温に弱く霜にあたると枯れてしまいます。
  • 土壌に対する適応力が高いのですが、多湿を好むので保水力の高い土壌で育てるとよく育ちます。
  • シソは好光性種子なので発芽には光を必要とします。種蒔き後の覆土は薄く被せましょう。
  • 種を蒔く前に水に一晩浸しておくと発芽が早まります。
  • 土壌が乾燥すると極端に生育が悪くなるので、夏場の水切れに注意しましょう。
  • 収穫期以降に肥料切れをおこすと、葉が小さくなり品質が低下します。




シソ栽培に適したプランターサイズと土作り


シソ栽培で使うプランターサイズシソを育てるときのプランターサイズは小型(20㎝~40㎝)または標準タイプ(60㎝~65㎝)を使用しましょう。

単株で育てる時は10号程度の植木鉢でも十分に育てられます。シソは根を浅く張るので、多少底が浅いプランターで育てても問題ありません。



シソ栽培で使う用土シソ栽培に使う用土は市販の培養土を利用すると楽です。自分で用土を作る場合は
赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、これに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせたものを使いましょう。

露地栽培でシソを育てる時は、苦土石灰100g/㎡・堆肥2㎏/㎡・化成肥料(15:15:15)100g/㎡を施してよく耕します。畝は幅60㎝高さ10㎝の平畝を作りましょう。



シソ栽培で病気を防ぐコツプランターに入れる用土の量は、鉢の8分目まで。淵いっぱいまで入れずにウォータースペースを確保しておきましょう。

用土を入れすぎると水やりの時に淵から泥水が流れ出してベランダが汚れる原因になります。





シソを種から育てる(播種・種蒔き)


シソの種の撒き方シソを種から植える時に気を付けることは発芽適温です。

シソの発芽適温は22℃前後。気温が高くなってから種を蒔くことが上手に発芽させるコツ。

シソは気温が低いと発芽しないことが良くあります。寒冷地や気温が低い時期に種を蒔く時は、ビニルハウスなど温度管理が出来る場所でポットに種を蒔いて苗を育てましょう。

ポットに蒔く時は、用土にペットボトルのキャップなどで小さなくぼみをつけて、種を1か所あたり4~5粒撒きます。

シソの種が発芽するには光が必要なので、種を蒔いた後の覆土は薄く被せるようにしましょう。

露地に植える時は点蒔き、または筋蒔きで種を蒔きます。畑に直接点蒔きする時は株間を30~40㎝確保してポット蒔きと同じ要領で種を蒔きましょう。筋蒔きする時は棒などを押し付けて、深さ5㎜のまき溝を掘ってそこに種を1㎝間隔で蒔きます。



種は好光性のため覆土が厚いと発芽しないことがあります。

被せる用土は篩などを使って厚さを5㎜以上にならないように注意しましょう。

またシソの種皮は硬いので、種を蒔く前日に一昼夜水に浸けると発芽率が上がります。シソの種には休眠期間があり、採種後すぐの種を蒔いても発芽しません。翌春になって60~80%の発芽率になります。

シソの種を上手に発芽させるコツ種を蒔いた後は水やりの時に種が表面に流れ出ないように、用土の上から手のひらや木の板などで軽く抑えて種と用土を密着させましょう。

また、シソは乾燥を極端に嫌います。発芽するまでは乾燥と気温の上昇を抑えるために新聞紙などで覆っておくと発芽しやすくなります。発芽したら早めに新聞紙を取り除きましょう。





シソの間引き

シソの間引き方シソをポットで育てている時は、芽が出てから本葉1~2枚になった頃に間引いて成長の良い苗を一本立てにします。

露地栽培で筋蒔きした時は、発芽がそろった頃が1回目の間引きのタイミング。育ちの悪い株をハサミで切り取って、葉と葉が触れ合わない程度の間隔に間引きましょう。

筋蒔きした時の2回目以降の間引きは、葉が込み合った頃に何回か行います。最終的に株間が30~40㎝になるように、元気の良い苗を残しながら順次間引きましょう。





シソの良い苗の選び方


シソの良い苗の選び方4月以降になると園芸店でシソの幼苗が販売されるので、初心者や育てる株数が少ない時は苗を購入して育てると良いでしょう。

シソの良い苗を選ぶコツは、葉の艶が良く葉先が萎れておらず節間が短くて茎のしっかりした苗を選ぶことです。葉や茎に害虫の食害跡があるものや葉が黄色く病気の疑いがある元気のない苗は避けましょう。


シソを苗から購入する際は本葉が4~5枚あるものを選ぶと、すぐに植え付けすることが出来ます。

苗が小さい時や気温が低い時は、気温が上がるまではポットで育てて、本葉が4枚以上になってから植えつけるのがポイントです。





シソの苗の植え付け


シソの苗の植え付け方シソは本葉が4~5枚になった頃が苗の植え付け適期です。

苗を植え付ける時は、ポットより一回り大きな植穴をあけておき、ポットから取り出して根鉢を壊さないように丁寧に植穴に入れましょう。

その後は周辺の土を被せて、株元を手のひらで上から軽く抑えて根を密着させてやります。苗を植えてから根付くまでの約1週間はたっぷりと水やりを行いましょう。

シソの苗は植付ける間隔が近すぎると、株同士が水や養分を奪い合って株の成長が悪くなるので密植にならないよう注意しましょう。

株間はプランターでは20㎝、露地栽培では30~40㎝ほど確保します。シソは半日陰でもぐんぐん育つので、株間をあまり広くとる必要はありません。





 シソの水やり頻度と与える量


シソの水やり頻度と与える量シソは多湿を好み乾燥を嫌う野菜です。種を蒔いてから発芽するまでの間と苗を植え付けてから根付くまでの間は水切れを起こさないように注意しましょう。

与える水の量ですが、種を蒔いてから発芽するまでの間と苗を植え付けて根付くまでの間はたっぷりと与え、株が根付いた後は土の表面が乾かない程度に行うようにしましょう。

シソは他の野菜に比べて少し多めに水分を与えます。特に夏場の高温期に水切れを起こすと、株の生育が極端に悪くなるので注意しましょう。





シソの追肥頻度と与える量


シソの追肥。与える肥料の量と回数シソは生育期間が長いので、元肥(堆肥や化成肥料)をしっかりと施しておくことが大切です。

シソの追肥のタイミングは1回目の収穫後から。化成肥料60g/㎡を株周辺に蒔いて用土と混ぜ合わせ、株元に土寄せして株を安定させてやります。その後は収穫が終わるまで、2週間おきに同量与えましょう。

プランターで育てる時は水やりを兼ねて液肥を与えても構いません。追肥のタイミングですが、1本立てにした時に1回目の液肥を施します。その後は2週間に1回の間隔で水やりを兼ねて液肥を与えてやりましょう。

シソは肥料不足になると、葉が黄淡色になって葉も小さくなり葉の縮れが少なくなるので肥料切れに注意しましょう。





シソの収穫時期(タイミング)


シソの収穫適期は?シソは草丈が30㎝本葉が10枚以上になったら収穫が始まります。

初期の葉は硬く味も悪いので、それ以降に出る若い葉を下から手で摘み取って収穫しましょう。

シソは生育が旺盛で分岐性が強いため、草丈が40㎝を超えたら若い葉を次々に収穫しましょう。若い葉を摘み取ることがわき芽の発生を促すことになり全体の収穫量が増えます。

シソは必要な分だけを摘み取っていると若い葉が次々と出て葉が覆い茂ってしまいます。収穫が遅れた葉は厚く固くなって品質が悪くなってしまいます。

草勢が強くなりすぎた時は、余分な葉は摘み取ってしまいましょう。シソの葉の収穫は夏の終わりまで続きます。

夏の終わりになると花穂が付きますが、花穂を摘み取ったものが穂ジソ。この穂ジソも刺身のつまなどに利用することができます。

花穂をそのままにしておくと実ジソとして食べることが出来ます。実ジソは未熟果をしごいて収穫しましょう。実ジソは佃煮にすると美味しく食べることが出来ます。

シソは種を採取すれば翌年以降に利用できますが、9月~翌年3月頃までは休眠しているので、自然に種が落ちても4月頃までは発芽しません。

種はこぼれ種ではなく採取して貯蔵したおいたものを利用しましょう。種は乾燥に弱いので、適度な湿度を含んだ新聞紙で包んでおくかプラスチックトレーなどに入れて冷蔵庫で保管しておきます。





シソ栽培のコツまとめと病気対策と害虫駆除


シソは手間がかからず簡単に育つ野菜です。肥料と水やりをしっかりと行えば丈夫に育つので初心者向けの野菜です。

種を蒔く前に水に浸けること。種は気温が20℃前後になってから蒔き、気温が十分に高くなってから苗を植えつける。追肥と水やりを多めにする。

この3点を特に注意すれば収穫まで無事に育てられます。


シソは丈夫な野菜なので病気は殆ど発生しませんが、収穫前や収穫の終わりの株が弱い時に病気が発生することがあります。

シソに発生する病気は「青枯れ病」「褐斑病」「さび病」「ウイルス病」など。水はけを良くして肥料切れを起こさないことで病気をある程度は防ぐことが出来ます。


シソに発生する害虫は「アブラムシ類」「ダニ類」「ネコブセンチュウ」「オンブバッタ」「ベニフキノメイガ」など。

特にベニフキノメイガが発生すると被害が甚大になります。若齢幼虫は葉の裏側に糸を張って葉を食害し、中齢以上は上部の葉を巻いて住処にしながら周辺の葉を次々に食害します。

シソは葉を食べる野菜なので殺虫剤の利用は極力避けたいところ。幼虫は動きが素早いので、葉ごと押し潰してしまいましょう。

害虫は早期発見早期駆除が有効です。害虫を見つけ次第すぐに除去しましょう。


ナビゲーション

     








葉野菜類の育て方一覧へ戻る

簡単!野菜の育て方 Kitchen Garden Textbook!







はてなブックマークに追加      Tweet