本文へスキップ

キョウナ(京菜)

京菜(キョウナ)の育て方

キョウナ(京菜)の上手な育て方 キョウナをプランターや畑で育ててみませんか?キョウナ栽培はコツさえ知っていれば上手に育てれる家庭菜園初心者向けの簡単野菜です。





キョウナ(京菜)をプランターや畑で栽培してみましょう。


キョウナ(京菜)の育て方

キョウナ
栽培難易度
★★☆☆☆

キョウナ(京菜)の原産地は京都。アブラナ科の野菜で別名ミズナとも呼ばれている寒さに強く育てやすい人気の野菜です。キョウナに含まれる栄養は、ビタミンA・C・カルシウム・カリウムなどが豊富に含まれています。

「水と土で育てられる」という由来があるようにプランターなど狭いスペースでもぐんぐん育ちます。

盛夏と厳寒期以外なら年中栽培が可能で、秋に植えた場合はナント1月まで収穫を楽しむことが出来る野菜です。









キョウナ(京菜)種まき・植え付け・収穫カレンダー


キョウナの種蒔き時期は4月上旬と9月上旬
収穫までは約1.5か月です。

キョウナ(京菜)栽培カレンダー




キョウナ(京菜)栽培する時に気を付けるポイント!


  • 盛夏と厳寒期を除いて1年中育てる事が出来る野菜です。
  • 春播きよりも秋播きの方が害虫被害も少なく育てやすい。
  • キョウナは冷涼な気候を好み土壌が乾燥すると生育が悪くなります。
  • 寒期での栽培は霜に注意。霜に当たると黄色く変色してしまいます。
  • 肥料を与えすぎると葉が固くなりサラダには不向きになります。
  • プランター栽培の時は20㎝程度になったら収穫しましょう。
  • 大きく育て過ぎると茎葉が固くなるので適期を見逃さないようにしましょう。




キョウナ(京菜)栽培に適したプランターサイズと土づくり


キョウナに適したプランターの大きさキョウナを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ(60㎝程度)のものを利用して育てましょう。

キョウナは比較的丈夫な育てやすい野菜なので、小型の植木鉢などで小株なら育てる事が可能です。



キョウナ土作り・用土の配合キョウナの栽培用土は市販の培養土を利用すると簡単に育てられます。

自分で用土を作る時は
赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1
それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせた物を使います。

露地栽培の場合は、植え付けの約2週間前に、石灰を150g/m²・堆肥を2kg/m²・化成肥料を(15:15:15)100g/m²を畑に施して、幅60㎝、高さ10㎝の平畝を作りましょう。



プランターに入れる用土の量プランターに入れる用土の量は、ウォータースペースを残して、鉢の縁から3~5㎝程度にしておきます。

キョウナは種を植える約2週間前には土づくりを完了させておきましょう。



キョウナ(京菜)を種から育てる(種蒔き・播種)


キョウナの種のまき方プランターで育てる時は10~15㎝の条間を取り1㎝間隔で種を1粒ずつ撒いてやります。

露地栽培で畑に植える場合は、20㎝の条間を取り1~2㎝の間隔ですじ撒きしましょう。種を蒔いた後は、蒔き溝周辺の土を指でつまみ溝穴に埋め戻します。

大株取りをする場合は株間30㎝で1箇所に7~8粒点まきします。あまり密接して蒔きすぎないように注意しましょう。



種を植える深さ

植え付ける時は写真のように支柱などを使って溝穴を掘っておくと種を蒔きやすくなります。

支柱を寝かせて押し込むようにして溝穴を掘ります。溝穴の深さは5㎜とします。

種を蒔いた後はたっぷりと水やりを行ってください。キョウナ(京菜)は乾燥に弱いので、本葉が5~6枚程度に育つまでは水を切らさないようにする事が大切です。





間引きのタイミング


間引きのタイミング(頻度)キョウナは小株で収穫する時は2回、発芽が揃った時に2~3㎝間隔に、と本葉が4~5枚になったら5㎝間隔に間引きましょう。

キョウナを大株で収穫する時は、本葉が1~2枚で3本に、本葉が3~4枚で2本に、本葉が6~7枚で1本に間引きを行います。




キョウナ(京菜)水やり頻度と与える量


キョウナの水やり回数(頻度)キョウナの種を蒔いた後は発芽するまでの間は土が乾かないように細目に水やりをしてやりましょう。

その後は土の表面が乾かないように多めに与えます。キョウナは寒さに強いので冬の間も十分に与えてやりましょう。用土が乾きすぎると生育が悪くなります。




追肥のタイミング


追肥の回数(頻度)キョウナは小株(20~30㎝)で収穫する時は追肥の必要はありません。追肥が多いと茎葉が固くなってしまうので注意しましょう。

大株で収穫する時は間引きが終わってから収穫までの間、液肥の場合は週に1回ずつ与えます。

化成肥料の場合は、1回に付き30g程度を収穫までに3回ほど葉の色を見ながら株間に蒔き土寄せを行ってやります。




キョウナ(京菜)の収穫時期


キョウナ(京菜)の収穫時期(タイミング)キョウナは小株取りの場合は草丈が20㎝以上になったら本格的な収穫適期です。キョウナは株別れして大株に育つので小株を収穫した後に液肥を施しておくと、再び収穫することが出来ます。

何度も収穫する時は、株元をハサミやナイフで切り取って収穫しましょう。

大株は12月~1月頃に株が大きく張り出した頃が収穫適期です。

収穫適期を過ぎたキョウナ(京菜)は固くなってしまいます。サラダに使う場合は20~25㎝までのものを収穫しましょう。

大株や2度目に収穫するものは鍋や煮物に利用します。キョウナは株が大きくなればなるほど葉は固くなり味が落ちてしまうので使い道によって収穫時期を変えるようにしましょう。




キョウナ(京菜)栽培のコツと病気と害虫対策


キョウナはサラダに使ったりお漬物にしたり鍋に使ったりと大変便利な野菜です。一度に全部を植えるのではなく、種蒔きが可能な10月下旬まで1週間から10日ほど時期をずらして種を蒔くと、長期間に渡って収穫を楽しむことが出来ます。


キョウナの生育初期は幼葉が柔らかいので害虫被害に遭いやすいので注意しましょう。キョウナに良く発生する害虫は、アブラムシ、ヨトウムシ、アオムシ、コナガ類、カブラハバチ、ハイマダラメイガなどのアブラナ科の植物を好む害虫がすぐに集まります。


除去せずに放っておくと一晩で苗が全滅することもあります。害虫被害に遭ったかどうかは「葉に穴があいていないか」「食いちぎられた食害跡がないか」を毎日観察する事です。

早めに取り除いて害虫被害の蔓延を防ぎましょう。


キョウナに発生しやすい病気は、菌核病・白さび病・尻腐れ病・立ち枯れ病・苗立枯病・軟腐病・黒腐病などです。


特にプランターで栽培する時は、日当たりの良い場所で育て鉢底に鉢底石などを敷き詰めて排水をしっかりとおこなう様にしましょう。排水が悪く酸性土壌で病気が発生しやすくなります。

ナビゲーション

     





初心者でも簡単に育てられる葉野菜の育て方

簡単!野菜の育て方 Kitchen Garden Textbook!






育てやすいキョウナ(京菜)の品種


キョウナのおすすめの種キョウナは基本的にどの品種でも良く育ちます。

サラダには「京水菜」細葉でアクが少ない「京みぞれ」漬物や煮物に向く「広茎京菜」京漬物で有名な「ミブナ」が人気です。

残った種は冷暗所に保管すれば、2~3年は保存が可能です。

楽天市場の人気の種はこちら(クリック)
amazonの人気の種はこちら(クリック)








Tweet                     はてなブックマークに追加