本文へスキップ

スイスチャード

スイスチャードの育て方

スイスチャードの育て方。スイスチャードをお家で栽培してみませんか?スイスチャードはプランターや植木鉢でも十分に育つ野菜。コツさえ知っていればスイスチャード栽培は難しくありません。スイスチャード栽培が初めての方でも分かりやく育て方をレクチャーします。このサイトを見てスイスチャード栽培にチャレンジしてみましょう!





スイスチャードを家庭菜園で育てましょう!


スイスチャードの育て方

スイスチャード栽培
難易度
★★☆☆☆

スイスチャードはアカザ科の野菜で、気温の高い夏場でも育てられる貴重な葉野菜。赤黄白のカラフルな葉は、その色彩とボリューム感が観賞用野菜としても人気です。

スイスチャードの栽培適温は15℃~20℃ですが、高温と乾燥に強く丈夫で育てやすい野菜です。葉野菜なのに病害虫に強く、また、ベランダなど日当たりの悪い場所でも育つので家庭菜園にぴったり。

スイスチャードの栄養価はカロチン(ビタミンA)・ビタミンB群・VC・VE・カリウム・鉄分・カルシウム・マグネシウム・食物繊維などが豊富に含まれる栄養価の高い野菜。特にカリウムは夏バテや高血圧の予防に良いとされています。

スイスチャードの食味と食感はホウレンソウに似ていて、サラダにしたりソテーにしたりと料理のレシピもほぼ同じ。









スイスチャードの栽培カレンダー


スイスチャードの種蒔きは4月中旬~10月中旬
苗の植え付けは5月上旬~11月下旬
収穫時期は5月下旬~12月上旬

スイスチャード栽培カレンダー




スイスチャードを収穫まで上手に育てるコツ!


  • スイスチャードの生育適温は15~20℃
  • 耐暑性と耐寒性が高いので真冬以外栽培が可能。秋から冬にかけてが色合いが鮮やかに。
  • スイスチャードは酸性土壌に弱い野菜なので、石灰で中和させてから育てましょう。
  • 種皮に発芽を抑制する物質が含まれるので、種まきの前に水に浸してから植えると発芽が揃います。
  • 発芽するまでは水をたっぷりと与えましょう。
  • 種から育てることもできます。シーズンになるとホームセンターで苗も販売されています。
  • 外葉から摘み取ると長期にわたって収穫を楽しめます。




スイスチャード栽培に適したプランターと土作り


スイスチャードに適したプランターの大きさスイスチャードを栽培するときのプランターサイズは標準~大型タイプのものを使用します。プランターの代わりに大型の植木鉢でも育てることが可能です。

スイスチャードは大株の時は1つのプランターの2株まで、植木鉢なら1株までとします。1つの鉢に苗をたくさん植えると株が小さくなるので注意しましょう。



スイスチャードに適した用土スイスチャードをプランターで栽培する時の用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は

赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせたものを利用します。

スイスチャードを露地栽培のする時は、1㎡あたり堆肥2㎏・化成肥料150g施して、畝幅60~90㎝畝高さ15㎝の畝にします。

プランター・露地栽培とも、植え付けの2週間前には土作りを済ませておきましょう。



スイスチャードを植える時の用土の量プランターの底には鉢底石を入れて水はけを良くして、用土の量は、プランターの淵からウォータースペースを残して、鉢の8分目程度(淵から2~3㎝)にしておきましょう。




スイスチャードを種から育てる(種まき)


スイスチャードの種まきスイスチャードの種の表皮には発芽を抑制する物質が含まれるため、種を植える前に2~3時間ほど水に浸しておくと発芽がよくなります。

スイスチャードを種から植える時は12cm径のポリポットに深さ1cmで3粒ほど種を蒔いて、発芽後は子葉が出た時に生育の良い方を残して1本立てにしましょう。本葉が4~5枚になるまではポリポットで育ててから植えつけます。

スイスチャードを露地栽培で種から蒔く時は、小株取りの場合は株間15~20㎝でまき溝をつけて筋蒔きします。大株取りの場合は株間30㎝条間60㎝で1か所に4~5粒の点蒔きし、葉柄の色合いを見ながら間引きましょう。

種を蒔いてから発芽するまでは、乾燥させないようにたっぷりと水やりを行いましょう。




スイスチャードの丈夫な苗の選び方


スイスチャードの良い苗の選び方スイスチャードの苗はホームセンターで購入できます。スイスチャードの苗は葉の緑色が濃くて茎のしっかりとしたものが良い苗。

スイスチャードの苗を買ってすぐに植え付けたい時は、本葉が4枚~5枚まで育ったものを選ぶようにしましょう。苗の葉が小さくて少ない時は、ポットでしばらく育ててから植え付けます。

スイスチャードの人気の苗を楽天市場で探す!
スイスチャードの人気の苗をamazonで探す!




スイスチャードの植え付け(プランター)


スイスチャードの苗の植えつけ方スイスチャードを苗から植え付ける時は根鉢よりも少し大きめの植え穴を空け、根鉢を崩さないように丁寧に植え付けましょう。

植えつけた後は株元を軽く手で押さえて根の活着を良くします。

苗を植え付けてから根付くまでの約1週間は、表面が乾燥しないようにたっぷりと水やりをしましょう。




スイスチャードの水やり頻度と与える量


スイスチャードの水やりの回数と水やりの頻度スイスチャードは乾燥に強い野菜なので、水やりの頻度は用土の乾燥が目立った時に葉が萎れない程度に与えましょう。

水やりの目安はプランターで育てる時は1週間~10日に1回、液肥を水やり代わりに与える程度。また、露地栽培の水やりはあまり必要なく、土の表面の乾燥が目立った時に与える程度で十分です。




スイスチャード追肥の頻度と与える量


スイスチャード追肥の頻度と与える量は?スイスチャードは丈夫で育ちやすい野菜なので成長が悪い時やプランターで育てる時のみ追肥を行いましょう。

プランター栽培で外葉を摘み取って収穫する場合は、液肥を水やりを兼ねて7日~10日間隔で与えてやると長く収穫を楽しむことが出来ます。

スイスチャードを大株に育てる時は、草丈が10㎝ほどに育った頃に株の周辺に化成肥料10gほど蒔いて、軽く株元に土寄せしましょう。

露地栽培の場合は元肥だけで十分に育ちますが、苗の生育状況を見て必要な場合のみ与えるようにします。




スイスチャードの収穫の仕方と収穫の時期


スイスチャードの収穫時期はいつ?スイスチャードの収穫時期は小株取りする時は草丈が15㎝になった頃です。

外葉を摘み取って収穫する場合は草丈が30㎝になるまで株を育てましょう。

スイスチャードの収穫適期の目安は種を蒔いてからだと30日~45日ほど、苗から植えた時は20日~30日ほどです。

スイスチャードの収穫方法スイスチャードの小株取りの場合は根元からナイフで切り取って収穫し、使う葉を摘み取る時は外側の葉から順番に切り取って収穫しましょう。

スイスチャードを観賞用として育てる時は、収穫が終わった後に株の成長を見ながら追肥を施して大株に育てましょう。2年目以降の株はトウ立ちして花が咲きますが、花は観賞価値がなく株を弱らせるので早めに茎を切り取ります。




スイスチャードの病気対策と害虫対策


スイスチャードに発生する病気は、ベト病、黒斑細菌病が発生します。スイスチャードは乾燥と高温に強いあまり病害虫の被害にはあわない野菜ですが、マンションのベランダのような日当たりが悪い場所で水やりが多すぎると病気が発生しやすくなります。


水はけを良くして日当たりの良い場所で育てることが病気の発生を抑制するポイントです。病気を発見したら環境を改善して早急に治療しましょう。


スイスチャードは害虫の被害にあいにくいのですが、まれに発生する害虫は
セマダラコガネです。周囲の雑草防除が害虫対策に有効です。


害虫対策は早期発見早期対策がポイント。虫食いによる食い跡がないかなど葉の状態をよく観察して、害虫の発生を確認したら早めに駆除しましょう。


     





葉菜類の育て方一覧へ戻る

簡単!野菜の育て方 Kitchen Garden Textbook!






スイスチャードの育てやすい品種(種の選び方)


スイスチャードの種の選び方スイスチャードは種からでも簡単に育てられます。多数育てる時は種から、数株を育てるなら苗から育てましょう。

スイスチャードの育てやすい品種には「アイディアル」「ブライトライト」などがあります。どの品種でも良く育ちます。


楽天市場で人気のスイスチャードの種はこちらから
アマゾンで人気のスイスチャードの種はこちらから








Tweet              はてなブックマークに追加