本文へスキップ

ツルムラサキ

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキの簡単な育て方 ツルムラサキを露地やベランダ菜園で上手に栽培してみましょう!ツルムラサキの育て方のコツやポイントをわかりやすくレクチャー。植える時期や収穫時期は?種の蒔き方・病害虫対策など。





ツルムラサキをプランターや露地栽培で育てましょう!


ツルムラサキの育て方

ツルムラサキ栽培
難易度 ★☆☆☆☆

ツルムラサキは熱帯アジア原産の野菜で、高温に強く夏場に生育が良くなる乾燥に強く丈夫な葉野菜です。

土壌を選ばず高温にも病害虫にも強いツルムラサキは、育てやすく家庭菜園初心者にはぴったりの野菜。葉柄と葉を摘み取って収穫します。

茎の色が赤くなるツルムラサキと茎の色が青くなるツルムラサキがありますが、主に食用として栽培するのは茎が青いツルムラサキです。

ツルムラサキは花が咲いても葉が固くならないので、長期間収穫を楽しむことが出来ます。長期収穫するために追肥と水やりを忘れずに行いましょう。


ツルムラサキに含まれている栄養は、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンCの他、鉄分やカルシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。カルシウムはホウレンソウの約4倍、ビタミンA・Cとも約1.3倍含んでいる健康野菜。

ツルムラサキには独特の香りとぬめりがあるので、生で食べるサラダなどには使えませんが、ぬめりのある食材(納豆・とろろ・もずく)との和えものやお浸しなどの料理に向いています。






ツルムラサキの種まき・植え付け・収穫時期カレンダー


ツルムラサキの種蒔きは4月上旬~7月中旬まで
苗の植え付け時期は4月末~7月下旬まで
収穫時期は6月中旬~10月中旬まで

ツルムラサキの種植え時期・植え付け時期・収穫時期カレンダー




ツルムラサキを上手に育てるコツ!


  • 生育適温は25~30℃、高温を必要とする野菜です。
  • ツルムラサキの発芽適温は20℃~30℃、霜に弱いので遅霜の心配がなくなってから植えつけましょう。
  • 種は外皮が固く発芽しにくいので一昼夜水に浸してから種を蒔くと発芽率が良くなります。
  • 寒冷地など気温が低い地域ではポットに種を蒔いて苗から植えつけると上手に育ちます。
  • ツルムラサキはわき芽を食用とするので摘心を行ってわき芽の生育を促しましょう。
  • 夏場は茎葉の生育が旺盛になり葉が茂りすぎると日当たりが悪くなるので適期に収穫しましょう。
  • ツルムラサキは収穫時期が遅れると、品質が落ちてしまうので若取りするのが基本です。




ツルムラサキ栽培に適したプランターサイズと土作り


ツルムラサキ栽培で使うプランターサイズツルムラサキを育てるときのプランターサイズは、大型(60㎝以上)で深型のものを利用しましょう。1株なら大型の植木鉢でも育てられます。

ツルムラサキは株が直径50㎝ほどに広がりますので、日当たりを良くするために大きめのプランターや植木鉢で育てましょう。



ツルムラサキ栽培で使う用土の種類は?ツルムラサキ栽培に使う用土は市販の培養土を利用すると楽です。自分で用土を作る場合は
赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、これに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせたものを使いましょう。

露地栽培でツルムラサキを育てる時は、植え付けの2週間前に苦土石灰100g/㎡、1週間前に堆肥2㎏/㎡・化成肥料100g/㎡を施して土とよく混ぜておきます。植え付け前に幅60~90㎝・高さ10㎝の平畝を作りましょう。



ツルムラサキは排水性の良い土壌で育てるプランター底には水はけを良くするために赤玉土を底が見えない程度敷き詰めてやりましょう。

用土の量はプランターにウォータースペースを取って
8分目くらいまで培養土を入れておきます。




ツルムラサキを種から育てる(種蒔き)


ツルムラサキ播種(種植え)ツルムラサキは種から簡単に育てることが出来ます。発芽適温は20℃~30℃なので、発芽させるためには高温が必要です。

気温が上がる5月中旬以降に種を蒔いて育てるのが最も容易です。寒冷地や気温が低い時期はポットに種を蒔いて、ハウスなどの温かい場所で温度管理して育てるとうまく発芽します。

ツルムラサキの種が発芽しないツルムラサキの種は外皮がとても固く、水分を吸収しにくい構造になっています。

発芽率を高めるために、種を蒔く前の日にトレーなどに水を張って、一昼夜水に浸してから種を蒔きましょう。

種を畑に直接まく時は株間を30㎝~40㎝取り、1か所に付き3~4粒ほど種を点蒔きします。本葉が2~3枚になった頃に子葉の大きい茎の太い苗を1本だけ残して間引きましょう。

ポット蒔きの場合はポットに2~3粒ほど種を蒔いて本葉が2~3枚になったら同様に間引き、本葉が4~5枚になるまでポットで育てます。

ツルムラサキは嫌光性のため、種を蒔く深さは2㎝ほどにしましょう。浅植えし過ぎると発芽率が下がるので注意。

直播ポット蒔き共に種を植えてから芽が出るまでの間は、用土の表面が乾燥しないように十分に水やりを行いましょう。ツルムラサキは種を蒔いてから5日~1週間で発芽します。

ツルムラサキは好温性の野菜なので、直播は気温が十分に上がってから種を蒔く、ポット蒔きはハウスなどで発芽適温を確保することが発芽率を高めるポイントです。





ツルムラサキの苗の植え付け


ツルムラサキの苗の植え付け方ツルムラサキの苗は、子葉が大きく本葉の緑色が濃く茎が太くしっかりしているものが良い苗の基準です。

本葉が3~4枚まで育った苗を選ぶとすぐに植え付けが出来ます。害虫の食害跡があるものや病気にかかっている苗は避けましょう。

苗を植えつける時は株間を40㎝以上確保して、ポットより少し大きめの植え穴を掘り、根鉢を壊さないように丁寧にポットから取り出して植えつけます。

苗を植えつけたあとは、株もと周辺の土を手のひらで軽く抑えて根を密着させるようにしましょう。根が活着するまでの約1週間は水やりを欠かさないようにします。

大型のプランター(60㎝以上)なら2株まで、大型の植木鉢なら1株まで苗を植えつけることが可能です。





 ツルムラサキの灌水(水やり)と頻度


ツルムラサキの水やりの頻度(与える量)は?ツルムラサキは苗を植え付けた後、根付くまでの間は用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行います。

苗が根付いた後は用土の表面が乾いたときにたっぷりと与えるようにしましょう。根付くと葉の生育が良くなります。

ツルムラサキは高温に強い野菜ですが乾燥には弱いので、夏場の高温に備えてマルチシートや敷き藁(敷き草)などを敷くと乾燥から守ることが出来ます。





追肥の量と与える頻度


追肥の量と与える時期は?基本的にツルムラサキは元肥で十分に育ちますが、プランターで栽培する時や生育がが悪いと感じた時は追肥を施しましょう。

プランター栽培の場合は収穫が始まったら2週間に1回程度水やりを兼ねて液肥を与えます。露地栽培で育ちが悪い時は、株間に化成肥料を30g/㎡ほど与えましょう。





ツルムラサキの摘心(摘葉)


ツルムラサキの摘心(摘葉)の仕方ツルムラサキはわき芽(側枝)を伸ばして収穫するので、主枝の草丈が30㎝(本葉が6~7枚)になった頃に摘心を行いましょう。

主枝の先端から10~15㎝下をハサミで切り取ります。摘心後は残った部分の葉の付け根あたりからわき芽が次々と伸びてくるので、そのまま伸ばして側枝から出る葉やつるを収穫します。

ツルムラサキは摘心をせずに主枝をそのまま伸ばして育てる方法もあります。その際は1~1.5mの支柱を立てて、1mほどまで主枝を成長させてから先端を摘心しましょう。





ツルムラサキの収穫時期


ツルムラサキの収穫適期(タイミング)は?ツルムラサキはわき芽が15㎝になったら収穫することが出来ます。収穫時期が遅くなると葉が固くなるので若取りを心がけましょう。

主枝から出るわき芽を2~3枚ほどの葉を残して15㎝程度先端から摘み取って収穫します。

ツルムラサキは主に食用にする部分は若い葉や茎・つるです。摘葉した大きな葉や太い茎も食べられますが、アクが強いので調理方法を工夫しましょう。

ツルムラサキはさし芽から増やすことができます。地面に下りたつるの節からも発根するので、茎を切っておくと根が生えて新しい株が育ちます。

ツルムラサキに耐寒性はないので夏が終わり秋に気温が下がり始める頃には急激に生育が衰え始めます。




ツルムラサキ栽培まとめと病気対策と害虫駆除


ツルムラサキは気温上がってから種を蒔くのがうまく育てるコツ。気温が20℃を超える5月中旬以降に種を蒔くとうまく育てられます。

多数株育てる時は放任で育てると夏場以降は茎葉が生い茂りつるが絡み合って日当たりが悪くなります。収穫は茎葉を若取りして不要な葉は摘葉しましょう。

高温には強いのですが、乾燥にはやや弱い面があるのでマルチや敷き藁をして乾燥から守ってやりましょう。


ツルムラサキによく発生する病気は、
紫斑病半身萎凋病斑点病紫紋羽病などです。病気を防ぐために土作りと適度な追肥と過失にならないよう適度な水やりをしましょう。

風通しを良くするために茎や下葉を摘葉して茎葉の込み合わないようにすることで病気の発生をかなり抑制できます。


ツルムラサキに発生しやすい害虫は、アブラムシ・ハスモンヨトウです。他の野菜を育てていれば害虫が発生することは稀ですが、見つけた時は早期に駆除しましょう。

ツルムラサキを育てているプランターや畑の周辺に、被害を受けている野菜があったり雑草が大量に生えていたりすると、害虫が発生しやすくなります。

定期的に草刈りを行って害虫の発生しにくい環境を整えましょう。


     





葉野菜類の育て方一覧へ戻る

簡単!野菜の育て方Kitchen garden textbook






ツルムラサキの種の選び方


育てやすいツルムラサキの品種ツルムラサキには青茎種と赤茎種がありますが、特定の品種はありません。

ツルムラサキはとても丈夫な野菜なので、基本的にどの品種を選んでも収穫まで上手に育てることが出来ます。

ツルムラサキは種からも簡単に育てられますが、栽培シーズンになると園芸店などに幼苗が出回るので、少数株育てる人は苗から育てるのも良いでしょう。

ただし、種は冷暗所で保管すれば数年(2~3年)持つので翌年も育てる方は種を購入する方がお得です。

Amazonでツルムラサキを扱うお店一覧はこちら(クリック)
楽天市場でツルムラサキの種を扱うお店一覧はこちら(クリック)








はてなブックマークに追加