本文へスキップ

ツルナ

ツルナの育て方

ツルナ(蔓菜)の上手な育て方 ツルナをプランターや露地栽培で育てましょう!ツルナ栽培のコツ。ツルナの植え付けから収穫までを画像を使って詳しく解説します。水やり頻度や追肥の与え方などツルナ栽培のポイントを解説





ツルナをプランターや露地栽培で育てましょう。


ツルナの育て方

ツルナ
栽培難易度
★★☆☆☆

ツルナ(蔓菜)はハマミズナ科の葉野菜。別名はハマヂシャ(浜萵苣)と言います。太平洋沿岸(アジア、オセアニア、南米)の熱帯から温帯の海岸に広く分布する多年草では海岸の砂地に自生する海浜植物。強く育てやすい野菜。こぼれダネから発芽するほど強く育てやすい初心者向けの家庭菜園野菜です。

ツルナの風味はホウレン草に似ていてオーストラリアでは「ニュージーランドホウレンソウ」とも言われる鉄分がトップクラスに含まれるビタミン・ミネラルが豊富な野菜です。

ツルナは天婦羅やお浸し・バター炒めなど、ホウレンソウ同様に美味しく料理して食べられます。

ツルナは小型のプランターや植木鉢でぐんぐん育ちますし、ベランダなど日当たりの良い暖かい場所で霜に当たらないように育てれば冬場でも栽培することが出来ます。

夏には花が咲き種が取れるので翌年以降もその種を使って栽培することが出来ます。









ツルナの種まき・植え付け・収穫カレンダー


ツルナの種蒔き時期は3月上旬~8月上旬
収穫までは約1.5~2か月です。

ツルナ(蔓菜)栽培カレンダー




ツルナ栽培のコツとポイント!


  • ツルナの発芽適温は20℃前後で生育適温は15℃~25℃。
  • ツルナの種は一晩水に浸けておくと発芽がそろいます。
  • ツルナは乾燥には強い野菜ですが、種蒔き後から発芽するまでの水切れに注意が必要です。
  • ツルナは水やりと肥料不足になると葉が固くなるので注意しましょう。
  • 寒期での栽培は霜に注意。霜に当たるとツルナの葉が黄色く変色して最後は枯れてしまいます。
  • 草姿が乱れて茎葉が固くなった時は茎の半分あたりで切戻せば復活します。
  • 株ごと抜き取らずに葉茎を摘み取れば長期間収穫を楽しむことが出来ます。
  • 大きく育て過ぎると茎葉が固くなるので適期を見逃さないようにしましょう。




ツルナ栽培に適したプランターサイズと土づくり


ツルナ栽培に適したプランターサイズツルナを栽培するときのプランターサイズは小型タイプ(45㎝)以上のものを用意しましょう。

ツルナは丈夫な野菜なので、小型の植木鉢などでも栽培する事が可能です。



ツルナ栽培で使う用土の種類ツルナの栽培用土は市販の培養土を利用すると簡単に育てられます。

自分で用土を作る時は
赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1
それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせたものを用意しましょう。

露地栽培の場合は、植え付けの約2週間前に、石灰を150g/m²・堆肥を2kg/m²・化成肥料を(15:15:15)100g/m²を畑に施して、幅60㎝、高さ10㎝の平畝を作っておきます。



プランターに入れる用土の量プランターに入れる用土の量は、ウォータースペースを残して、鉢の縁から3~5㎝程度にします。

ツルナは種を蒔く約2週間前には土づくりを完了させておきましょう。



ツルナを種から育てる(ツルナの種蒔き)


ツルナの種の蒔き方(ツルナの種蒔き)ツルナを種から発芽するまで約2週間ほどかかります。育苗まで長いので初心者の場合は苗から育てると簡単に育てられます。

ツルナは発芽すれば、その後はすくすくと育つので、家庭菜園に慣れてきたら種から育ててみましょう。
種は一昼夜水に浸してから蒔くと発芽率が上がります。


ツルナを種から育てる

種を蒔く時はポット蒔きと直播どちらでも可能です。覆土は1㎝程度。

ポット蒔きは一か所あたり3~4粒ほど蒔きます。直播する時は支柱などを使ってまき溝を作り、条間10~15㎝で1㎝間隔で種を蒔きましょう。

本葉が2~3枚になる頃(本葉が隣と触れ合う頃)に1回目の間引きを行います。その後は葉と葉が触れ合う時に順次間引きましょう。間引き菜も美味しく食べることが出来ます。

種を蒔いた後はたっぷりと水やりを行いましょう。発芽するまでは乾燥に弱いので、本葉が5~6枚程度に育つまでは水を切らさないように注意します。




ツルナの植え付け方(苗から育てる)


ツルナの苗の植え付け方ツルナをプランターや植木鉢で少数株育てる時は苗を買ってきて植えると良いでしょう。

ツルナの苗は春以降になると園芸店やホームセンターなどで売り出されます。苗は緑色が濃くしっかりしたもの、病気や害虫の被害に遭っていないものを選ぶようにしましょう。



ツルナを苗から育てる

植え付ける鉢には淵からポリポットの高さ分だけ下げて用土を入れておきます。

そこに株間を10㎝以上取って根鉢を壊さないようにそっと置いて周辺に用土を足しましょう。その後は手のひらで株元周辺の土を抑えて根を落ち着かせてやります。





ツルナの切り戻し


ツルナの切り戻しのやり方ツルナの苗を植え付けて本葉が7~8枚まで育った頃に、株元から4~5節だけ残し主枝を摘み取ってわき芽を伸ばしてやります。

草勢が強くなって茎葉が固くなってきた時は切り戻しを行いましょう。ツルナは古い茎葉を摘み取ることで若い葉の発生が促され収穫量が更に増えます。

切戻す時は元の草丈の半分程度まで株全体の茎葉を切り取りましょう。切戻した後は液肥や化成肥料を与えると、新芽が次々と伸びて長期間収穫が楽しめます。





ツルナの水やり頻度と与える量


ツルナの水やり頻度と与える量ツルナの種を蒔いてから発芽するまでの間は、土が乾かないようにこまめに水やりをしましょう。

用土が乾燥しすぎるとツルナの種が干からびてしまって上手く発芽しないことがあります。

発芽して本葉が4~5枚になるまで毎日水やりを行いましょう。その後は土の表面が乾いた時にたっぷりと水やりを行う程度で構いません。

ツルナは乾燥に強い野菜ですが、用土が乾燥しすぎると茎葉が固くなって食味が落ちてしまうので、気温が上がる夏場以降は水やりはこまめに行いましょう。





追肥の頻度と与える量


ツルナの追肥の頻度と与える量ツルナは春に植えてから若芽を摘み取って収穫するので定期的に追肥を行いましょう。追肥が少ないと茎葉が固くなってしまうので注意が必要です

ツルナは摘み取って長期間収穫が続きます。追肥の量は化成肥料5gを2週間~20日に1回、株元にパラパラと蒔いて周辺の用土と軽く混ぜ合わせましょう。

プランターでツルナを育てている時は、液肥を週に1回水やりを兼ねて与えても構いません。





ツルナの収穫時期


ツルナの収穫時期(タイミング)ツルナは草丈が15㎝以上になったら本格的な収穫適期です。柔らかい茎葉が美味しいので、出来るだけ若い芽を収穫しましょう。

ツルナは茎の上から10㎝のあたりをハサミなどで切り取って収穫します。夏場以降に大株に育ってからは、柔らかい蔓先の若い茎葉を7cm~10cmの長さで摘み取って収穫しましょう。

夏場以降は草勢が強くなって株が乱れてきます。草勢が強くなりすぎて茎葉が固いと感じたら、半分くらいの草丈まで切戻して追肥を与えておくと、再び柔らかい茎葉が生えてくるようになります。

ツルナは晩秋になって気温が15℃を下回る時期になると、極端に生育が悪くなります。気温が低くなって生育が悪い時は寒冷紗などで覆ってやると冬前まで収穫を楽しむことが出来ます。




ツルナ栽培のコツまとめと病害虫対策


ツルナ栽培のコツと病気対策と害虫駆除ツルナは発芽に2週間以上かかるので、育苗管理が出来ない人は市販の苗から育てると確実です。

ツルナは肥料が不足すると茎葉が固くなるので、14~20日おきに追肥をしっかり施してやりましょう。

大苗を植え付ける時は、植え付け時に4~5節残して先端を摘み取ります。主枝を摘み取るとわき芽の発生が促されて後の収穫量が増えるのです。

ツルナの株は最初は小さくても、生長するにつれ茎葉がどんどん拡がっていきます。極度の密植は風通しが悪くなり害虫の住処になるので、プランターなど狭い場所に植える時は株間を最低でも15㎝は確保して植え付けましょう。


ツルナは害虫に強い野菜です。稀にカメムシが発生しますが大きな被害が発生しないので問題はありません。害虫被害に遭ったかどうかは「葉に穴があいていないか」「食いちぎられた食害跡がないか」を毎日観察して害虫の被害を防ぎましょう。

ツルナは病気に強い野菜です。病気になる時は管理状態がかなり悪い状態、生育環境を早急に改善しましょう。

ツルナに発生しやすい病気はツルナ黒枯れ病で葉が不整形な褐色になって葉が萎れます。黒枯病は糸状不完全菌という菌が原因です。高温多湿の環境になっていないかチェックしてみて下さい。

特にプランターや植木鉢で栽培する時に病気が発生しやすくなるので、鉢底石を敷き詰めて土壌の排水を良くして日当たりの良い場所で育てましょう。

ナビゲーション

     





初心者でも簡単に育てられる葉野菜の育て方

簡単!野菜の育て方Kitchen garden textbook






育てやすいツルナ(蔓菜)の品種


キョウナのおすすめの種ツルナは基本的にどの品種でも良く育ちます。

ツルナは世界に100以上の種類がありますが、日本に自生しているツルナは1種類だけです。

残ったツルナの種は冷暗所に保管しておけば、2~3年は保存が可能。翌年以降は夏場以降のこぼれダネから育てることが出来ます。


楽天市場のツルナの種を扱うお店一覧はこちら
amazonのツルナの種販売店の一覧はこちら








はてなブックマークに追加       Tweet